再生可能エネルギーに関する事業

再生可能エネルギーに関する事業のイメージ

再生可能エネルギー部門は、環境とエネルギーの視点から地域における適切な再生可能エネルギーの利用を通じて地球温暖化対策と廃棄物エネルギーの利活用促進を図る取り組みを行っています。

今後のごみ発電のあり方研究会

再生可能エネルギーの中でも比較的安定供給が可能とされているごみ発電は、地域の分散型エネルギー施設としての役割が期待されています。これからの電力自由化の時代に向けて、ごみ発電電力をさらに有効に利活用するためには、発電効率の向上や安定した供給電力量の確保など、ごみ発電のさらなる高度化が必要です。

当センターでは、長年にわたり、全国のごみ処理施設の整備・運営に関する支援業務を実施しており、これまでの経験をベースに、現在は「今後のごみ発電のあり方研究会」を通じて、ごみ発電電力を社会に供給する電力事業としてのあり方や、地域の低炭素化への貢献のあり方を検討しています。

今後のごみ発電のあり方研究会とは

当センターは、平成25年11月、学識者、プラントメーカ、自治体で構成された「今後のごみ発電のあり方研究会」を発足しました。
本研究会は、これからの電力自由化時代に向けて、ごみ発電電力を社会に供給する電力事業としてのあり方や、地域の低炭素化への貢献のあり方等を検討し、成果を社会へ提言することを目的としています。

今後のごみ発電のあり方研究会とはのイメージ

今後のごみ発電のあり方研究会中間報告・最終報告

中間報告「今後のごみ発電のあり方について」のイメージ
中間報告「今後のごみ発電のあり方について」【PDF 1.14MB】
第1期最終報告のイメージ
最終報告「今後のごみ発電のあり方研究会 第1期最終報告」【PDF 3.91MB】
第2期最終報告
最終報告「今後のごみ発電のあり方研究会 第2期最終報告」【PDF 1.72MB】

お問い合わせ

総局 資源循環低炭素化部 企画・再生可能エネルギー事業課
TEL:044-288-5093  FAX:044-288-5217

お問い合わせはこちら