環境保全に関する科学的調査・研究事業

環境調査

環境汚染物質は、大気、公共用水など広い範囲に存在します。また、騒音、振動や、悪臭などの公害問題には、決められた方法による調査及び測定が必要です。日本環境衛生センターでは、これらの環境調査にも対応しております。

地上気象・大気汚染調査

気象(風向、風速、気温、湿度、日射量、放射収支量)、大気汚染物質(硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素、浮遊粒子状物質、有害大気汚染物質(ベンゼン、水銀等)、ダイオキシン類等)の測定。

水質汚濁・底質調査

施設排出水の一律排水基準項目。河川及び海域の公共用水の水質汚濁指標やカドミウム、鉛等の有害物質(環境基準健康項目)、ダイオキシン類の分析、底質項目の分析。

地下水・土壌汚染状況調査

地下水や土壌の重金属類やダイオキシン類等の有害物質(環境基準項目)。

臭気調査

悪臭物質測定および嗅覚測定。

騒音振動調査

民家や公共施設など人の生活に直接係わる場所及び道路における騒音レベルおよび振動レベル及び、交通量調査等。

排ガス・排水調査

ダイオキシン類、有害大気汚染物質等。

室内環境調査

室内空気汚染物質等。

作業環境測定

一例としてダイオキシン類及び有機溶剤等。

地上気象・大気汚染調査

水質汚濁・底質調査

騒音振動調査

お問い合わせ

兵庫県以東

東日本支局 環境事業本部 環境事業第二部
TEL:044-288-5130
お問い合わせフォームでも受け付けています。

岡山県以西

西日本支局 環境科学部 調査分析課
TEL:092-593-8237
お問い合わせフォームでも受け付けています。

お問い合わせはこちら