環境保全に関する科学的調査・研究事業

国際技術支援

当センターでは、環境測定及び分析に関する国際技術支援を行っています。

残留性有機汚染物質(POPs)モニタリングに関する技術支援

残留性有機汚染物質(POPs)に関するストックホルム条約に基づいて、条約締結国は指定物質の全廃あるいは使用の制限を履行し、かつそれぞれの国の技術的、財政的能力に応じたモニタリング体制の整備を行うこととなっています。
わが国においては、既にダイオキシン類などの分析技術が確立され、国内でのモニタリング体制が整備されていますが、発展途上国においては、経済発展や貧困対策が最優先課題であり、環境汚染対策はなかなか進んでいないのが現状です。
当センターでは、環境省や国際協力機構の環境測定技術協力プロジェクトに積極的に参画し、特に東アジア諸国におけるダイオキシン類を始めとするPOPsモニタリングの実施支援や測定分析技術支援を行っています。


中華人民共和国:POPs分析技術支援


カンボジア:POPsモニタリング技術支援

コベネフィット型大気汚染対策のための共同研究の推進

近年の中華人民共和国の大気環境の悪化は、現地のみならず我が国の大気環境にも少なからず影響を及ぼしている上、化石燃料の大量消費による大気汚染の発生は、温室効果ガスの放出量増大とも関連し、強力な気候変動対策が極めて重要なテーマとなっています。当センターでは、2015年から中華人民共和国中央政府及び日中の友好都市間連携の枠組みにより、気候変動対策を視野に入れた大気環境の改善のためのコベネフィット型共同研究を推進しています。


PM2.5等による大気汚染の状況


揮発性有機化合物排出対策適用企業の視察

お問い合わせ

兵庫県以東

東日本支局 環境事業本部 環境事業第二部
TEL:044-288-5130
お問い合わせフォームでも受け付けています。

岡山県以西

西日本支局 環境事業第二部 調査・検査課
TEL:092-593-8237
お問い合わせフォームでも受け付けています。

お問い合わせはこちら