地球温暖化・気候変動対策への貢献

 2020年10月に政府より2050年カーボンニュートラルの実現が宣言され、また2021年4月には、2050年カーボンニュートラルと整合的で野心的な目標として、2030年度に温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指すこと、さらに、50%の高みに向け挑戦を続けることが表明されました。

 日本環境衛生センターでは、廃棄物・環境保全・環境生物の各分野で豊かな実績をもつ専門家や技術者による協力体制を活かし、地球温暖化対策に必要な行政計画や環境関連計画との関係性も踏まえた計画立案、実行を促進するための産官学民連携と人材育成・広報普及活動の企画運営等、総合力で支援します。

トップメッセージ

 リオでの地球サミットから30年が経ちます。コルコバードの丘のキリスト像を眺めながら、このサミットで合意が得られた「気候変動枠組条約」がどのように運用され、環境公共財の最たるものである地球を包む大気中の温室効果ガス削減対策が進められるかを考えてきました。今も考え続けています。その間、紆余曲折はありましたが、ようやく世界中が本格的な対策に取り組むようになりました。この30年の歳月は、環境問題の重要性の確認と各国の行政の成熟の時間であったと考えます。

 日本環境衛生センターでは、2030年の温室効果ガス46%削減など国の政策の深化を受け、現場を知るものとして地域の自治体や企業と協力連携しつつ、実際に温室効果ガスの排出削減につながり、同時に、地域の新しい活性化を呼び込む方策の実現に努めてまいります。環境対策が、単に環境負荷を下げればよいという時代ではありません。環境の改善が現場の魅力づくりに如何に役立つか、ここに職員全員が課題を自分事化し、多くの関係者との共感を通じて成果を挙げられるよう取り組んでまいります。どうぞお気軽に声掛けをしてください。皆様からのご連絡をお待ちします。

南川理事長の写真

一般財団法人日本環境衛生センター
理事長 南川 秀樹

地球温暖化・気候変動対策の課題


日本環境衛生センターの支援内容

課題 支援内容 パンフレット【PDF】
 
 
 
 
 
 
 
 
脱炭素先行地域に向けた取組み 脱炭素先行地域づくりに係る事業計画策定支援等 【676KB】

地球温暖化対策実行計画の策定 地球温暖化対策実行計画の策定・見直し支援等
【487KB】

国際的議論や主要国の動向
国際的議論や主要国の取り組みを踏まえた計画策定等
【600KB】

プラスチック資源循環促進、分別
プラスチックの資源循環、関連計画の策定、実態把握、モデル事業の実施
【565KB】

再生可能エネルギーの導入、利活用 地域における循環型社会の構築に向けた技術支援、適切な再生可能エネルギーの利用促進 【614KB】

気候変動による災害への対処
気候変動による災害への廃棄物分野および衛生分野での適応策 【560KB】

気候変動による害虫獣や外来生物、感染症への対処 感染症を媒介する害虫獣や外来生物への適応策 【560KB】

大気環境に関する調査・研究活動を通じた気候変動対策
大気汚染と気候変動の相互連関に関する調査研究、東アジア地域の酸性雨・大気汚染モニタリングと研究活動を通じた気候変動対策支援
【885KB】
パンフレットの一括ダウンロードはこちら【2.69MB】
お問合せ先一覧はこちら【268KB】

ご相談・お問い合わせ

【地球温暖化・気候変動対策 事務局】

東日本支局(兵庫県以東)
環境事業本部 環境事業第二部 環境調査課
TEL:044-288-5138

西日本支局(岡山県以西)
環境事業部 調査・検査課
TEL:092-593-8237

お問い合わせフォームでも受け付けています。

お問い合わせフォーム