プログラム

第65回生活と環境全国大会

プログラム

協賛団体一覧

株式会社エネルギージャーナル社
一般社団法人環境衛生施設維持管理業協会
株式会社環境産業新聞社
株式会社環境新聞社
特定非営利活動法人最終処分場技術システム研究協会
一般社団法人産業環境管理協会
公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団
一般社団法人持続可能社会推進コンサルタント協会
一般社団法人浄化槽システム協会
全国一般廃棄物環境整備協同組合連合会
全国環境衛生職員団体協議会
全国環境整備事業協同組合連合会
公益社団法人全国産業資源循環連合会
一般社団法人全国浄化施設保守点検連合会
全国浄化槽推進市町村協議会
一般社団法人全国浄化槽団体連合会
一般社団法人全国清掃事業連合会
公益社団法人全国都市清掃会議
公益社団法人大気環境学会
日報ビジネス株式会社
一般社団法人日本火葬技術管理士会
日本家庭用殺虫剤工業会
一般社団法人日本環境衛生施設工業会
公益財団法人日本環境協会
特定非営利活動法人日本環境斎苑協会
公益財団法人日本環境整備教育センター
一般社団法人日本環境保全協会
公益財団法人日本建築衛生管理教育センター
公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター
公益社団法人日本水道協会
株式会社日本水道新聞社
公益社団法人日本ペストコントロール協会
日本防疫殺虫剤協会
ねずみ駆除協議会
一般社団法人廃棄物資源循環学会
一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会
公益財団法人廃棄物・3R研究財団
一般社団法人プラスチック循環利用協会

特別講演

豊かな生活環境を支える光触媒の現状

藤嶋 昭(東京理科大学 栄誉教授)

宇宙と地球とSDGs

鈴木 明子(国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)広報部参与)

PAGE TOP

公開講座
「脱炭素社会に向けた廃棄物処理分野における今後の展開」
全国環境衛生・廃棄物関係課長会 共催

 近年、プラスチック関連の諸問題(海洋汚染、気候変動、廃棄物輸出規制等)が表面化しています。また、2020年10月、臨時国会の菅首相の所信表明演説において、『2050年までにカーボンニュートラルの実現を目指す』ことが宣言されていますが、脱炭素社会へのシフトにむけて「プラスチックの資源循環」は重要な位置づけです。これらの背景から国内におけるプラスチック資源循環を促進する重要性が急速に高まっています。
 本公開講座では、2021年6月4日に参院本会議で可決、成立した「プラスチック資源循環促進法」 について環境省より御講演いただくとともに、有識者等による座談会を開催して、脱炭素社会にむけた廃棄物処理の在り方について御意見をいただき、現状の課題を整理した上で、2050年に向けた今後の方向性(イメージ)について発信する場とします。

    基調講演

  • 「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」について
    平尾 禎秀(環境省 環境再生・資源循環局)
  • 脱炭素社会に向けたごみ処理座談会(2050 年に向けた課題と展望)

  • 橋詰 博樹(多摩大学) ◎コーディネーター
  • 荒井 喜久雄(全国都市清掃会議)
  • 井上 吉一(大栄環境株式会社)
  • 荻原 正樹(ふじみ衛生組合)
  • 高岡 昌輝(京都大学大学院)
  • 田中 朝都(日本環境衛生施設工業会)
  • 新美 育文(弁護士・明治大学)
  • 吉岡 敏明(東北大学大学院)
  • 廃棄物処理技術最新情報セミナー

  • プラントメーカより最新の処理技術を発表いただきます。

PAGE TOP

公開講座
「2050年カーボンニュートラルの実現に向けて」

 2020年10月、菅総理から2050年カーボンニュートラルの実現が宣言され、また2021年4月には、2030年に向けた温室効果ガスの削減目標について、2013年度比46%削減を目指すことが表明されました。
 本講座では、カーボンニュートラルの実現に向けて、国や自治体の取り組みおよび有識者による考えを共有し、本課題に関して理解を深める機会とします。

    講演

  • 2050 年カーボンニュートラルを踏まえた地球温暖化対策推進法の改正等について
    岸 雅明(環境省地球環境局)
  • カーボンプライシングの活用について
    有村 俊秀(早稲田大学政治経済学術院)
  • 東京都の資源循環分野における気候変動対策について
    古澤 康夫(東京都環境局)

PAGE TOP

公開講座
「生活衛生全般に関する最近の話題」
全国環境衛生・廃棄物関係課長会 共催

 生活衛生全般に関する最近の情報をご提供します。1演題目は「散骨に関する話題提供」として、散骨という葬送の考え方に対する関心が広がりつつある昨今で、散骨に関するガイドライン(令和2年度厚生労働科学特別研究事業)が取りまとめられたので、その内容をご紹介します。2演題目は「新型コロナウイルスに関する話題提供」として、コロナウイルス感染症発生時の東京都ペストコントロール協会の消毒業務等の取り組みをご紹介いたします。3演題目は、「衛生害虫に関する話題提供」として、様々な場所で実施してきたヒトスジシマカ成虫(デング熱のベクター)に対する実地効力試験の結果を総論としてご紹介いたします。

    講演

  • 散骨に関するガイドラインについて
    喜多村 悦史(東京福祉大学大学院)
  • 新型コロナウイルスの消毒業務について
    奥村 龍一(公益社団法人東京都ペストコントロール協会)
  • ヒトスジシマカに対する防疫用殺虫剤の野外試験結果
    皆川 恵子(一般財団法人日本環境衛生センター)

PAGE TOP