廃棄物処理・リサイクルに関する事業

最終処分場関連

循環型社会の推進により最終処分量は減少傾向を示していますが、リサイクルできない残さ等は相当量発生しており、廃棄物処理の最終段階において処分場は不可欠な施設であることに変わりありません。

当センターでは最終処分場が抱えるあらゆる相談を受け、現況の調査、機能検査、埋立終了・施設廃止にむけた計画、閉鎖設計、新たな建設を目的とする適地選定、施設計画、設計、申請手続き等の支援業務を行います。

最終処分場機能検査(浸出水処理施設、埋立地本体)

地域住民の方々の信頼を確保し、法令等の基準を満足し適正に管理されていることを裏付けるためにも検査の実施は重要です。ごみ処理施設及びし尿処理施設の機能検査に準じた浸出水処理施設の検査であり、必要に応じて埋立地本体の構造基準に照らし合わせた検査を行います。

最終処分場適地選定調査等

新たな最終処分場を計画するにあたり、地形、地質・水利等及び法的、地理的条件並びに土地利用状況などの適否を検討し、最終処分場に適した候補地を提案します。

既存最終処分場再生事業支援

既存の埋立処分地に埋立られている焼却灰、不燃ごみ等の埋立物を掘起こして減容化、リサイクル等を図るなど、埋立容量の確保策を提案します。また、本技術は環境保全上の機能把握、活用可能な土地への修復、汚染土壌の浄化にも活用できます。







最終処分場本体機能検査

最終処分場の浸出水処理施設を除く処分場本体に対する検査で、廃棄物処理法の構造基準、維持管理基準に対し現場踏査、現地調査、ヒアリング調査、書類調査で現状把握と問題点の整理を行い評価し、改善提案を行います。

また、要請に応じて、所有する物理探査機器による先端的な調査・解析を行います。

最終処分場延命化計画等策定

既存最終処分場の面積、容積等を拡張して埋立処分容量を増強し、埋立可能年数の延命化を図るための事前調査や延命化計画策定、延命化に伴う変更届出書作成、延命化事業を推進に当たっての各種支援業務等を行います。

新規最終処分場の施設建設向けた支援

最終処分場の新規建設に向けた計画、各種事前調査、基本構想、基本設計並びに工事に伴う監理等を行います。工事に当たっては、設計に基づく発注ではなく、設計・施工一括の仕様書による性能発注で行う方式を提案しています。

お問い合わせ

兵庫県以東

東日本支局 環境事業本部 環境事業第三部 業務課
TEL:044-288-4997

岡山県以西

西日本支局 総務・企画部 業務推進課
TEL:092-593-8238

お問い合わせフォームでも受け付けています。

お問い合わせはこちら