環境保全に関する科学的調査・研究事業

化学物質に関する調査及び研究

環境測定分析に関する精度管理調査

 

「環境測定分析統一精度管理調査」は、環境測定分析の信頼性の確保及び精度の向上を図る観点から、分析機関の測定分析能力の資質向上を目指してカドミウムや窒素などの環境汚染物質を対象として昭和50年度より実施しています。この調査は毎年1回、環境省が全国の分析機関に対して調査を行っているもので、当センターは開始以来一貫して本調査の事務局を務めています。
 調査に関する詳細は、専用ホームページに掲載しています。調査への参加、調査スケジュール、調査結果、調査結果説明会等を掲載していますので、ご覧ください。

化学物質環境実態調査分析法開発調査

 「化学物質環境実態調査分析法開発調査」は、環境省の実施する化学物質環境実態調査において、環境中における残留状況の把握が必要とされる化学物質のうち、要求感度を満たす適切な分析法がないものについて新たな分析法を開発するための調査です。日本環境衛生センターでは、この調査業務の事務局として貢献しています。

※環境には多種多様な環境汚染物質が存在します。それらの対策のためには、環境中の存在量を正確に把握することが必要です。日本環境衛生センターでは、分析機関の外部精度管理や新たな分析法の開発に取り組んでいます。


 

お問い合わせ

兵庫県以東

東日本支局 環境科学部 環境事業企画課
TEL:044-288-5133
お問い合わせフォームでも受け付けています。

岡山県以西

西日本支局 環境科学部 調査分析課
TEL:092-593-8237
お問い合わせフォームでも受け付けています。

お問い合わせはこちら