新型コロナウイルスに係る講習・研修会等実施における感染防止対策について

ご受講者様への安全・安心の確保のための取り組み(受付時の対応について①)

○受付待機列の間隔を一定に保ち、「密」を作らないよう徹底致します。

○健康告知カードをご提出いただき、検温を実施致します。

ご受講者様への安全・安心の確保のための取り組み(受付時の対応について②)

○会場入り口にアルコール消毒液を設置し入退室時の消毒を周知を行い、また受付時には飛沫感染対策防止用に透明ビニール・アクリル板等を設置し、飛沫感染の防止を徹底致します。

○受付時の接触機会を軽減し感染を防止する観点から、受講等に係る通知にQRコードを導入し本人確認、出席確認等を行います。

ご受講者様への安全・安心の確保のための取り組み(施設内の環境整備について)

○受講者数を会場の収容人数(定員)より1/2~1/3に減少させ、座席についても受講者間の距離を2m程度確保し、飛沫感染の防止を徹底致します。

○休憩時等に共通エリアや研修会場(長机など)のアルコール消毒を行い、適宜窓や入口ドアなどの開閉(換気システムの稼動)を実施致します。

ご受講者様への安全・安心の確保のための取り組み(講師・事務局職員の感染予防策について)

○講師・運営スタッフの検温実施及びアルコール消毒液を使用し、手指消毒を徹底致します。

○講師・運営スタッフのマスク、フェイスシールド・手袋の着用を義務づけ、講義の際には飛沫ガードパネルを設置し、飛沫感染の防止を徹底致します。

JESC実施指針に基づく対応フロー図・事務局からのお願い