10月20日(金)プログラム

第61回生活と環境全国大会

タイムスケジュール

公開講座(9:30-16:15)1階第2ホール

9:30
|
16:15

公開講座「適正な廃棄物処理と官民連携」
第12回廃棄物処理施設維持管理技術事例研究発表会
一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会 共催

 ここ数年、我が国の廃棄物処理は変化が著しく、「廃棄物処理における官民連携」が必要不可欠になってきています。
 施設の整備・運営におけるDBO事業の増加や既存施設における長期包括運営委託事業の増加などは目を見張るものがあり、また民間事業者への全面的な委託処理を行う市町村もでてきている状況です。開催地である三重県には、広域にわたるごみ処理事業を展開する民間企業もあるため、これらの特徴を踏まえて、テーマを「適正な廃棄物処理と官民連携」としています。

    基調講演

  • 9:40~10:00一般廃棄物処理における民間活用について
    宮井 英夫(環境省)
  • 10:00~10:20三重県の廃棄物・リサイクルに関する取組~多様な主体との協創~
    井村 欣弘(三重県)
  • 再生可能エネルギー・ごみ処理関係

  • 10:25~10:45廃棄物処理分野におけるDBO、PFIの拡がりと課題について
    保延 和義(日本環境衛生施設工業会)
  • 10:45~11:05官民の特徴を生かした合理的な廃棄物処理に向けて
    前山 泰彦(三重中央開発)
  • 11:05~12:05一般発表
  • 12:05~14:05ランチセミナー(プラントメーカ各社発表予定)
    ※場所:1階第4ホール
    ランチセミナーでは昼食(お弁当)をご用意しております。(先着150名を予定)
  • 13:30~13:50特別行事(廃棄物処理施設技術管理協会)
  • 処理施設維持管理・適正処理、災害廃棄物関係

  • 14:10~16:15一般発表

  • プログラムの詳細はこちらから
    (廃棄物処理施設技術管理協会ホームページをご覧ください)
    http://jaem.or.jp/training/file/h29jireiken_goannai170719.pdf(外部リンク)

PAGE TOP

公開講座(10:00-15:30)1階第3展示室

10:00
|
15:30

公開講座「四日市における公害対策の取組」

 開催地である四日市市では、過去に「四日市公害」を経験し、その克服に向けて環境改善に取り組んできた歴史があります。
 過去の大気汚染等の状況とそれに対する行政や事業者による取り組み等について講演を通じて学ぶだけでなく、四日市公害と環境未来館における展示や公害裁判映像等の見学を通じて視覚的にも体感することで、環境改善の歩みを活かしたまちづくりについて考えます。

  • 10:00~10:20化学物質と環境汚染への取組
    南川 秀樹(日本環境衛生センター)
  • 10:20~10:40今後の大気環境保全に向けた課題―オゾン・PM2.5・VOC
    坂本 和彦(日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター)
  • 10:40~11:00四日市公害を教訓とした環境改善の取り組み
    市川 和彦(四日市市)
  • 11:00~11:20石原産業四日市工場における排水処理について
    赤松 俊彦(石原産業)
  • 11:20~11:40中部電力四日市火力発電所における環境改善のあゆみ
    奥平 悦雄(中部電力)
  • 11:40~12:00三菱ケミカル株式会社四日市事業所における
    環境負荷低減に向けた取組
    赤羽 祥男(三菱ケミカル)
  • 13:30~15:30四日市公害と環境未来館の団体見学
    ※見学は事前申込制となります。

四日市公害と環境未来館の団体見学への参加申し込みはこちら!

参加申込

PAGE TOP

公開講座(9:30-15:50)2階第3ホール

9:30
|
15:50

公開講座「クローズアップ 住環境+」

 社会情勢の変化は住環境にもさまざまな影響を及ぼします。その中には、当初は予想されなかったが、影響に気づいた時点ではもう修復できない事態になることもあります。
 当公開講座では、「今、住環境とその周辺に起きている変化」をキーワードに、生活衛生に関連する話題を選定しました。住環境をめぐる急激な変化について行政、業界、市民、それぞれの立場から、理解しておくべきこと、そして対応と課題についてクローズアップします。

  • 9:30~10:30都市部での墓地開発を巡る諸問題と対応
    奥村 龍一(東京都健康安全研究センター)
  • 10:30~11:10大規模災害発生時の環境衛生監視員の役割
    中臣 昌広(東京都文京区文京保健所)
  • 11:10~11:30温暖化と廃棄物と住環境
    南川 秀樹(日本環境衛生センター)
  • 11:30~11:40いま注目の外来生物"ヒアリ"
    橋本 知幸(日本環境衛生センター)
  • 12:40~13:40動物愛護と諸問題 ~住環境とその周辺に起きている変化~
    今泉 友子(関東学院大学)
  • 13:50~14:50新興・再興感染症の脅威と現状
    岡田 晴恵(白鴎大学)
  • 14:50~15:50三重県における日本紅斑熱の状況と取り組み
    赤地 重宏(三重県保健環境研究所)

PAGE TOP