10月18日(木)プログラム

第62回生活と環境全国大会

タイムスケジュール

大会式典(13:30-14:45)4階多目的ホール

13:30
|
14:45

環境衛生、環境保全及び3R推進、生活環境改善事業、監視業務等に永年尽力し、功績のあった個人や団体に対し、環境大臣表彰、厚生労働省医薬・生活衛生局長感謝状、生活と環境全国大会長感謝状の授与式を行います。

  • 環境大臣表彰
  • 厚生労働省医薬・生活衛生局長感謝状
  • 生活と環境全国大会長感謝状

PAGE TOP

特別講演(14:50-15:30)4階多目的ホール

14:50
|
15:30

「福島の復興に向けて」

 福島の復興に向けた思い、いま取り組まれていること、これからのことについて、原子力規制委員会前委員長の田中俊一氏にご講演いただく予定です。

  • 田中 俊一
    (原子力規制委員会 前委員長)

PAGE TOP

特別企画リレー講演(15:40-17:40)4階多目的ホール

15:40
|
17:40

「地域を元気にするまちづくり-ふくしまの取組-」

 福島の復興に向けて、地元自治体や研究機関で尽力されている皆様にご講演いただきます。
  • 進行役:中尾 豊(環境省福島地方環境事務所)
    • 「福島イノベーション・コースト構想について」
      安藤 靖雄(福島県 福島イノベーション・コースト構想推進室 室長)
    • 「環境と調和した地域復興を支援する環境創生研究」
      大原 利眞(国立環境研究所福島支部 研究総括)
    • 「『までい』が日本を救う?」
      菅野 典雄(飯舘村 村長)

PAGE TOP

全国環境衛生職員団体協議会・事例研究発表会(10:00-12:40)3階企画展示室

10:00
|
12:40
全国の地域で活躍する環境衛生・環境保全事業の従事者が学術、技術、行政上の調査研究の成果や試験・検査結果による知見、事例等について発表し、情報交流、情報交換の場とします。
  • 10:00 開会挨拶:木村秀嘉(全国環境衛生職員団体協議会 会長)
    1. 10:15~11:05 口演発表

      座長:川本 剛
      (全国環境衛生職員団体協議会 副会長/宮城県)

    2. 檜風呂利用施設におけるレジオネラ症患者発生調査事例
      村上 詩歩(東京都西多摩保健所)
    3. 給湯シャワー水からのレジオネラ属菌検出事例について
      小林 晴美(埼玉県幸手保健所)
    4. 特定建築物における二酸化炭素濃度基準値超過事例と保健所の対応について
      井上 郁郎(港区みなと保健所)
    5. 災害時における旅館ホテルへの迅速な避難スキームの構築~平成28年熊本地震を踏まえて~
      徳永 晴樹(熊本県健康福祉部健康局薬務衛生課)
    6. 11:20~12:00 口演発表

      座長:吉岡 丹
      (全国環境衛生職員団体協議会 常任幹事/新潟県)

    7. 栃木県におけるマダニ媒介性感染症病原体の実態調査
      鈴木 尚子(栃木県県南健康福祉センター)
    8. クロバエ科キンパツヒメクロバエ属 Pollenia pediculataの建築物侵入について
      井手口 菜摘(北海道江別保健所)
    9. 大阪府の感染症媒介蚊対策について(これまでの取り組みと現況)
      杉本 裕明(大阪府健康医療部環境衛生課)
    10. 12:00~12:40 口演発表

      座長:上澤 行成
      (全国環境衛生職員団体協議会 副会長/大阪府)

    11. 残置された産業廃棄物から関係者を特定した事例について
      小田 祐一(静岡県環境衛生科学研究所)
    12. 児島湖の底層溶存酸素量及び透明度の状況について
      小川 知也(岡山県環境保健センター)
    13. 小学6年生を対象とした「延岡保健所版」環境教室について
      佐藤 昭利(宮崎県延岡保健所)

      誌上発表

    1. 普通公衆浴場のシャワーに対するレジオネラ対策の取り組み
      菅井 慶太(荒川区保健所)
    2. 足立区における理容所・美容所のATPふき取り検査結果について
      貝塚 千尋(足立区足立保健所)
    3. 産業廃棄物の適正処理推進に向けた取り組み
      越智 洋(宮崎県小林保健所)

PAGE TOP